メンエス転職こだわり・特徴

公開日2020/05/22(金)

健全メンズエステ店を正しく見極めるポイント【安心安全に働きたい方必見】

健全メンズエステ店を正しく見極めるポイント【安心安全に働きたい方必見】

未経験でも始めることができ、なおかつ高収入を狙えるメンズエステのお仕事。
しかし、一口に“メンズエステ”と言っても種類があり、「非風俗型メンズエステ」と「風俗エステ」に分けることができます。

その違いは、簡単に言えば「性的サービスの有無」です。
風俗エステで働く場合は、お客様の性欲解消のサポートをしなければいけません。
そのため、性的サービスに抵抗のある方は、健全な非風俗のメンズエステ店を正しく見極める必要があります。

とはいえ、メンズエステ店のホームページや求人情報を見ただけでは、そのお店が非風俗型メンズエステなのか風俗エステなのかが分かりにくいことも少なくありません。

というわけで、今回は非風俗型メンズエステの特徴や見極め方などについてまとめてみました。
非風俗のメンズエステでお客様から過激な要求をされたときの対処法などにも触れているので、ぜひご覧ください。

目次

非風俗型メンズエステの特徴

非風俗型メンズエステの特徴

非風俗のメンズエステ店最大の特徴として、「サービス内容が健全なマッサージのみ」という点が挙げられます。
具体的にはアロマオイルマッサージやリンパマッサージ、リフレクソロジーなどがメインです。

オプションメニューについてもヘッドスパや脱毛など、性的な要素のないサービスだけが用意されています。

また、風俗エステに比べてお客様が支払う料金が安いのも大きな特徴といえるでしょう。
過激なサービスをメインとしている分だけ、風俗エステは基本料金が高く設定されています。

60分13,000円、90分15,000円といった具合です。
一方、健全な非風俗のメンズエステは、高くても60分10,000円程度、90分なら12,000円ほどでしょう。

非風俗型メンズエステと風俗エステの見極め方

非風俗型メンズエステと風俗エステの見極め方

上記のとおり、サービス内容や基本料金をチェックすることで非風俗型メンズエステと風俗エステをある程度見極めることができます。
しかし、風俗エステの中にはホームページにサービス内容を明記していなかったり、格安料金を設定していたりといったところもあります。
逆に非風俗のメンズエステでも、高級店なら基本料金が高めに設定されています。
そこで、サービス内容や料金面以外での見極めポイントを以下にピックアップしてみました。

①セラピストの写真

セラピストを指名できるというシステム上、メンズエステ店のホームページには在籍セラピストの写真が掲載されています。

これを見てお客様は好みのセラピストを探すわけですが、風俗エステはこの宣材写真がかなりセクシーなものになっています。

具体的には「下着姿」「セミヌード」のような、露出度高めの衣装で撮影された写真がほとんどです。
また、足を開いたり四つん這いになったり、女の子がセクシーなポーズをとっていることも少なくありません。

一方、非風俗のメンズエステは「Tシャツ+スカート」「ワンピース」など、露出度の少ない衣装での写真を掲載していることがほとんどです。
ポーズについても特別なものはなく、立ち姿や椅子に腰かけているところを撮影したものが多く見られます。

②面接時のワード

これは面接に行ってからの見極めポイントになりますが、面接官から怪しげなワードが出たら要警戒です。

「服を脱ぐ」
「紙パンツを破る」
「お客様の自慰行為をお手伝いする」


といった言葉が出てきたら、まず間違いなく風俗エステと判断していいでしょう。

③研修の有無

健全な非風俗のメンズエステは、お客様に癒しを提供することを目的としています。
そのため、よりお客様に満足してもらえるようにセラピストの研修を必ず行います。

それに比べて、お客様の性的欲求を解消することを目的としている風俗エステは、研修期間を設けていない、もしくは研修期間が極端に短いといった特徴があります。
これは、マッサージにそこまで重きを置いていないからこそ。

「研修ないから楽そう」と軽はずみに判断しないように注意しましょう。

お客様から過激なサービスを求められたら

お客様から過激なサービスを求められたら

非風俗型メンズエステを利用する男性のほとんどは、「性的サービス禁止のお店」であることをしっかり理解しています。

しかし、2人きりの空間で可愛い女の子にマッサージされることで悶々として、ついには性的サービスを要求してくるお客様もときにはいるようです。

また、「メンズエステ=性的サービスありのお店」と認識している男性、「だいぶ仲良くなってきたからそろそろいけるかな」とワンチャンを狙うリピート客もいるかもしれません。

ですが、勢いに押されて要求に応じるのは絶対にNGです。

「当店はそういったサービスをしていないので」
「必ずお断りするように言われているので」


とはっきり断りましょう。
それでもしつこく求めてくる場合は、「そんなにしつこいとここで終わりますよ」と手を止めてしまうのもOKです。

ここまでしてもまだ言ってくる、あるいは断るのがこわいという場合は、遠慮なくスタッフを呼んでしまいましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は非風俗型メンズエステと風俗エステの見極め方についてまとめました。
おさらいすると、正しく見極めるためのポイントは以下の通りです。

・サービス内容
・基本料金
・宣材写真
・面接官の発言
・研修期間の有無


また、仮にお客様から過激なサービスを求められても、絶対に応じてはいけません。
はっきりと断り、場合によってはスタッフに助けを求めるようにしてください。

ちなみにエステラブワークでは、お客様の管理を徹底している優良の非風俗型メンズエステ店の求人情報のみを掲載しています。そもそも面倒なトラブルに巻き込まれないために、ぜひお役立てください。

関連キーワード