メンエス転職こだわり・特徴

公開日2021/02/08(月)

読了時間約5分10秒

メンズエステで性的サービスを求められたらどうする?【裏オプション対策】

メンズエステで性的サービスを求められたらどうする?【裏オプション対策】

今回は、「裏オプション」をテーマにお届けします。
裏オプションとは、簡単にいえば性的なサービスのこと。言うまでもなく、エステラブワークで求人を紹介している健全なメンズエステ店では「絶対ダメ」な行為です。

ここでは、そんな裏オプションの詳細や、お客様に求められたときの対処法などまとめてみました。

目次

そもそも裏オプションとは?

そもそも裏オプションとは?

冒頭に紹介したように、裏オプションとは「性的なサービス」を指します。
エステラブワークで求人を紹介しているメンズエステ店は、いわゆる「健全店」であり、本来のサービス内容に性的(風俗的)なものは一切含まれていません。
つまり、エッチなサービスなしでしっかり高収入を得ることができるわけです。

しかしメンズエステでは、男性客と女性のセラピストが2人きりになるところでサービスが行われ、女性が男性の体に触れます。

そんな中、興奮したお客様が裏オプションを求めてきたり、あるいはお店が裏オプションを容認していたりするケースもあるようです。

裏オプションを容認するお店は「違法風俗店」

裏オプションの内容は、本来は風俗店で提供されるサービスです。

「風営法」という法律に基づき、各都道府県の公安委員会などに「性風俗営業」の届け出をしているお店だけが、性的なサービスを提供することができます。

一方、リラクゼーションマッサージを提供する健全なメンズエステ店は風営法の範囲外であり、上記のような届け出を行いません。

それにもかかわらず、裏オプションと称して性的なサービスを提供するのは違法行為であるといえます。
要するに、裏オプションを容認しているメンズエステ店があったとすれば、そこは「違法風俗店」なのです。

それが発覚したとき、働いている女性が罪に問われることはありませんが、下で詳しく述べるように警察の事情聴取を受けたりする可能性はあります。

裏オプションをやっちゃうセラピストもいる?

お店が容認していなくても、裏オプションがまかり通ってしまう場合もあります。
セラピストが、お客様と個人的にやり取りをして性的なサービスを提供してしまうケースです。

たとえば、「チップあげるからエッチしてよ」などと言われ、高額なチップに目がくらんでやってしまうセラピストがいるようです。

提示されるチップはさまざまですが、5,000~20,000円前後あたりが相場です。

しかし、そのようなセラピストがひとりいると、お客様は「この店の子は全員、裏オプションができるんだ」と思って、ほかのセラピストにもしつこく裏オプションを要求してくるかもしれません。

要するに、違法行為であるだけでなく、ほかのセラピストにも迷惑をかけることがあります。
そういう意味でも、絶対にやってはいけない行為であるといえるでしょう。

裏オプション容認の違法店は摘発される可能性あり!

裏オプション容認の違法店は摘発される可能性あり!

上には、「裏オプションを容認しているのは、ちゃんとしたメンズエステ店ではなく違法風俗店である」と書いていますが、違法店ということは警察の手が伸びることもあるのでしょうか?

結論からいえば、違法店は警察に摘発される可能性があります。

お店が摘発されると、経営者は逮捕。最終的には、お店は廃業ということになってしまうでしょう。
さらに、セラピストとして働く女性にも迷惑が及ぶことがあります。

セラピストは逮捕される?

お店が摘発された場合、セラピストが逮捕されることはほとんどありません。
しかし、少なくとも警察による事情聴取は免れないでしょう。

また、その場合は「前歴」が残ることになります。
「前科」ではありませんが、警察に氏名などが記録されるので、のちのち何か別件でトラブルが起きた場合、不利に働く可能性があります。

さらに、警察で事情聴取を受けたあと、帰るときに「身元引受人」を呼ばなければならない場合があります。
旦那さんやご両親、あるいは親しい関係にある恋人などです。

周囲に内緒で働いている方は、それがきっかけで家族間・夫婦間・恋人間でトラブルに発展してしまうことも考えられます。

裏オプションは簡単にバレる!

「でも、そうは言っても裏オプションなんてめったにバレないのでは?」

と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、警察では頻繁に「潜入捜査」を行っており、実はいつでも簡単にバレてしまうリスクがあります。

警察官が客を装って来店し、わざと裏オプションを持ちかけ、証拠をつかむという方法です。
そのほか、男性客からのタレコミでバレてしまうケースもあるようです。

このように、裏オプションの秘密は決して万全なものではありません。
余計なトラブルに巻き込まれないためにも、

「裏オプションは絶対にやらない」
「容認している違法店はすぐに辞める」


ということを心がけていただきたいと思います。

裏オプション対処法まとめ

裏オプション対処法まとめ

裏オプションは絶対にやってはいけない行為ですが、すでに書いたように、お客様に求められたり、お店が容認していたりすることもあります。
そのようなとき、女性はどのような対処をすべきなのでしょうか。

お客様に求められたら?

最初はその気ではなかったお客様が、2人きりでマッサージをしているうちについついその気になってしまい、裏オプションを持ちかけてくる……。

この場合、まず1回目は優しく「ダメですよ、うちは風俗店じゃないので」「お店に怒られちゃうので」といった感じで断りましょう。

「つい持ちかけてしまった」というタイプのお客様は、1回の注意で引き下がってくれることがほとんどです。
そのあとは雰囲気を悪くしないよう、笑顔を絶やさずマッサージに力を入れましょう。

「この子は裏オプNGだけど、マッサージはしっかり頑張ってくれる」という良い印象を持ってもらうことができ、リピートに繋げることもできると思います。

しかし、中には初めから裏オプションを楽しむつもりで、用意したチップをちらつかせる人もいます。
優しい注意では引き下がらず、しつこく求めてくるタイプの人です。

この場合は、強めに注意をしましょう。
“強めに”といっても、大きな声を出す必要はありません。笑顔を消して、「サービスを中断してスタッフさんを呼びますよ」と冷静に伝えるのがコツです。

お店が容認していたら?

裏オプションを容認している違法店は、すでに書いたように、いつ警察に摘発されてもおかしくありません。
そのようなお店は、すぐ辞めてしまうのがいちばんです。

本来なら、お店を辞める際には1ヶ月前などに前もって伝えるのがマナーとされていますが、違法店の場合はマナーを守る必要はありません。すぐに辞めてしまってOKです。

現役セラピストに「裏オプション」について聞いてみた!

現役セラピストに「裏オプション」について聞いてみた!

セラピストMさん「要求してくるお客さんは少なくないです」

うちは店長がしっかりした人で、「裏オプは絶対ダメ」というポリシーを持っているので安心なのですが、一部のお客さんにはそれがなかなか伝わらないみたいです。

結構いますよ。「ちょっとココ触ってよ」「裏オプないの?チップ払うよ」みたいなことを言ってくる人。ホームページとかにも、「当店は風俗店ではありません」ってちゃんと書いてあるんだけどなー。

まあ、ちゃんとリラクゼーションだけ楽しんでくれるお客さんが多いし、もし裏オプを持ちかけられても、私はビシッと「出来ません」と言えるから良いんですけど……いや良くはないか(笑)

ただ、新人の子とかは結構きついみたいで、相談されることもあります。

優しく言ってダメなときは、「これ以上そういうことを言われるとサービスはできません」って事務的に伝えるのがコツですね。笑顔なしで低い声で伝えたら、さすがに「ヤバイ」と思うのか、たいていおとなしくなりますよ。

セラピストYさん「ほかの子がやっていると聞いてお店を辞めました」

私は、裏オプションが原因で前に働いていたお店を辞めました。

お客様のところに出張するタイプのお店で、普段は待機所で過ごしていたんですけど、そこで女の子たちが話しているのを聞いたんです。

「あのお客さんはエッチ1回で30,000円くれた」とか、「○○さんはケチだから裏オプで稼げない」とか。
初めてのメンズエステだったけど、さすがにこれはヤバイと分かっていたので辞めました。裏オプション目当ての男性が利用するようなお店はイヤだと思ったんです。

引き止められましたけど、そのとき店長が「裏オプやってる店はうちだけじゃないよ」と言っていたのにも引きました。女の子だけじゃなくて、お店ぐるみで容認していたんですね。

こういうお店もあるので、皆さん気をつけてもらいたいと思います。

>>【合わせて読みたい】おさわりされた場合の対処法

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、裏オプションについてまとめてみました。

メンズエステで、裏オプションとして性的なサービスを提供することは違法行為です。

たとえチップなどを持ちかけられても決してやらないこと、また容認しているような違法店では働かないことを心がけていただきたいと思います。

ちなみに、エステラブワークでは、裏オプションを容認しているような違法店の求人は一切ありません。
安心して働けるメンズエステ店をお探しの方は、ぜひご活用ください!