仕事ノウハウお悩み

公開日2021/08/27(金)

読了時間約4分40秒

【危険!?】メンズエステで働いて「性病」のリスクはある?

【危険!?】メンズエステで働いて「性病」のリスクはある?

今回のテーマは、メンズエステの「性病リスク」です。メンズエステは男性の体に触れる仕事なので、「病気をもらってしまうのでは?」など不安な方もいらっしゃるのではないかと思います。

実際のところ、性病になってしまうリスクはあるのでしょうか?気になるポイントをまとめてみました。

目次

そもそも性病とは?

そもそも性病とは?

そもそも性病とは、「性感染症」という正式名称の病気です。
性病を引き起こす細菌やウイルスが、人から人へ移ることによってさまざまな症状をもたらします。
放置しておくと重大な後遺症が残ったり、生命に関わることもあります。

ただし、早期に適切な治療を受けることで、完治させたり、症状を生活に支障が出ないレベルに抑えたりすることが可能です。

性病(性感染症)の感染経路

性病を引き起こす細菌やウイルスは、主に「性行為」によって感染します。
具体的には、

・女性器に男性器を挿入する
・口腔や舌で性器を愛撫する(クンニリングスやフェラチオなど)


などの行為がきっかけになって感染するのが一般的です。

有効な予防方法としては、

・性病の症状が見られる相手とは性行為をしないこと
・男性と性行為をする際はコンドームを使用すること


などが挙げられます。

性病の種類

性病の種類

代表的な性病の種類としては、以下のものが挙げられます。

クラミジア

クラミジア菌に感染することによって起こる性病です。
世界中で最も多く感染が報告されている性病であり、特に日本では20代を中心に若い世代で観戦している人が多いといわれています。

女性は感染しても症状が出にくい(男性は排尿痛や性器の違和感などが現れやすい)ので、特に注意する必要がある性病といえます。

女性は子宮頚管炎、男性は尿道炎となり、放置すると不妊や死産の原因になることがあります。
ただし、早期に抗菌薬を服用することで完治させることは可能です。

淋病

淋菌が原因となる性病です。
症状はクラミジアに似ていますが、より激しく現れるのが特徴で、女性の場合は黄色いおりものが出たり、排尿痛が起こったりすることがあります。

また、クラミジアと同じく放置しておくと不妊症になる可能性があります。
ただし、こちらも早めに抗菌薬を服用することで完治させることが可能です。

梅毒

梅毒トレポネーマという細菌によって引き起こされる性病です。

患部にしこりが出来たり、ただれたり、リンパが腫れたりする第1期、発熱・発疹・倦怠感といった全身症状が現れる第2期、脳や心臓の機能が不全状態になる第3期と10~30年ほどかけて症状が悪化し、最悪の場合は死に至ることもあります。

ただし、早い段階で抗菌薬を服用することで完治させることが可能です。

HIV・エイズ

HIVウイルス(ヒト免疫不全ウイルス)によって引き起こされます。

ウイルスが体内のリンパ球を破壊し、免疫力を著しく低下させてさまざまな病気にかかりやすい状態にしてしまいます。結果的に死に至ることもある病気です。

現在のところ完治させる方法はありませんが、早めに検査を受けて感染を確認し、適切な薬を飲み続けることでウイルスの活動を抑え、日常生活に支障が出ないようにすることができます。

メンズエステでセラピスト側が性病にかかるリスクはある?

メンズエステでセラピスト側が性病にかかるリスクはある?

以上のように、つらい痛みなどの症状が現れたり、重大な後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至ることもある性病ですが、男性と接触するメンズエステは性病に感染するリスクがあるのでしょうか?

リスクは「ほとんどゼロ」!

先に結論からいってしまえば、メンズエステの仕事をする中で性病に感染するリスクは「ほとんどゼロ」といっていいと思います。
なぜなら、メンズエステの仕事では性病の原因である「性行為」を行うことがないからです。

同じく男性を相手にする風俗の場合は、性的な接触があるので性病にかかるリスクがあります。

しかしメンズエステの場合、性器に触れたりすることはありません。
マッサージを行う際、お客様には紙パンツをはいてもらうことになるので、性器に触れるどころか目にする機会もありません。

というわけで、そもそもメンズエステの場合は性病の感染経路が存在しないので、感染するリスクは「ほとんどゼロ」といえるわけです。

ただし、「完全にゼロ」ではない

性病の感染リスクは「ほとんどゼロ」ですが、まったくリスクがないわけではありません。
たとえばルールに違反してお客様と性行為をしてしまった場合、感染リスクは高まります。

1対1で接する中でお客様に誘われたりすることがあるかもしれませんが、きっぱりお断りしましょう。

また、性病は性的な接触がなくても感染するケースがあります。
感染者の血液が粘膜(目、鼻、口、性器など)に触れた場合、感染する可能性があるようです。

しかし、少量の血液ではほとんど感染することはないので、過剰に心配する必要はないと思います。

万が一、感染してしまったとしても早期に治療を行えば症状に悩まされずにすむようになるので、不安な場合は病院や保健所などで検査を受けてみることをおすすめします。

そのほか、普段からこまめに消毒をするように心がけることも大切です。

特に最近は、新型コロナウイルスの影響で消毒液を設置しているお店も多いと思うので、積極的に活用していきましょう。

>>【合わせて読みたい】メンズエステで性的サービスを求められたらどうする?

セラピストに聞いてみた!性病のリスクがないってホント?

セラピストに聞いてみた!性病のリスクがないってホント?

Sさん「そもそも感染経路がないので問題ないです」

私、実は看護師からメンズエステのセラピストに転職したんでこういうことには詳しいんですが、ちゃんと決められた内容の仕事をしている限り、性病になっちゃうことは絶対ないと言っていいと思います。

そもそも性病って、粘膜同士が接触したときに感染するものなんですけど、メンズエステの仕事で私たちセラピストとお客様の間で粘膜同士が接触することなんてありえないんです。

粘膜っていったら、目や鼻や口、それから性器ですけど、私たちの仕事は、手でお客様の体を揉みほぐすこと。眼球や口の中に手を入れたりすることはないですし、男性器に触ることだってないですから。

だから今のところ、私もセラピストをやっていて性病にかかったことはないですし、これからだってないだろうと思っています。不安な方もいると思うんですけど、ルール通りにきちんとお仕事をしていたら大丈夫ですよ!

Hさん「不安で検査を受けたんだけど……かかってなかったよ!」

私つい2ヶ月前から働いてるんだけど、友達に「メンエスで働いてるんだよね」って言ったら、「アンタそれ性病とか大丈夫なの?」って大げさに心配されて、なんか不安になっちゃったことがあるんです。

なんか友達は私が風俗で働き始めたとか思って誤解したらしくて、「風俗じゃないんだから病気とか大丈夫だよ」って返したんですけど、大げさに心配されたりするとこっちも不安になるじゃないですか?

だから私、その話をしたあとで一度、性病の検査を受けたんです。

まあ確かに言われてみればお客さんの体に触ってるんだし、何かのきっかけで感染することだってあるかもしれないし……とか思って。

なんかネット見てたら、小さい傷口から感染するみたいな怖いことも書いてあったし……。
で、結構おそるおそる検査を受けに行って、「結果が出るのは1週間後です」とか言われてちょっとビビりながら1週間過ごしたんですけど、結果は全部、陰性でした!

病院の先生に聞いてみたら、「もちろんリスクはゼロじゃないけどそういう仕事内容なら大丈夫じゃないの」とか言っていました。とにかく性病っていうのは大抵エッチで感染しちゃうってことだったので、仕事では絶対そういうことはしないようにしようと心に決めました。

まとめ

今回は、メンズエステにおける性病のリスクについてまとめてみました。
クラミジアや淋病、梅毒、そしてHIV・エイズなどの性感染症は、主に性行為によって感染する病気です。

メンズエステでは性的な接触が一切ないサービスを提供するので、ルールを守って仕事をしている限り、「性行為による感染」のリスクはほとんどないといえます。

・お客様に性行為の誘いを受けても絶対にOKしない
・不安な場合は手指の消毒をこまめに行う
・病院や保健所で検査を受ける


といったことを心がけていれば、大丈夫だと思います。
ぜひ参考にしてみてください!