仕事ノウハウお悩み

公開日2020/10/09(金)

読了時間約3分10秒

実際どうなの?メンズエステのセクハラ事情について【体験談あり】

実際どうなの?メンズエステのセクハラ事情について【体験談あり】

当サイトでは非風俗のメンズエステの求人を紹介していますが、
「非風俗といっても、男性のお客さんからセクハラされたりすることがあるのでは?」

など、不安をお持ちの方もいるのではないかと思います。
というわけで今回は、セラピストの体験談をもとに「メンズエステのセクハラ事情」をテーマにお送りします。
対策方法もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

体験談①講習の現場でセクハラ

体験談①講習の現場でセクハラ

「店舗で行われる講習で、セクハラされたことがあります」
そんなセラピストの方にお話を伺うことができました。

セラピストの仕事は未経験であることから、研修制度があるお店を選んだ彼女。
「当日、指定された場所に行くと研修をする人が男性だったんです。その男性はお店のオーナーでした」

オーナーの指示に従うやいなや、
「講習というよりは、個人的な嗜好を押し付けられたような感じでした。講習だといって何度も呼び出され、講習の流れで最終的にNG行為も求められました。」
とのことです。

研修を誰が行うかは、お店によって異なります。多くのお店では女性の講師が担当するようですが、男性店員や男性オーナーが担当するお店もあるようです。

「男性の場合セクハラがある」と決まっているわけではありませんが、過度な要求(NG行為など)をしてくるケースも見られます。
もしもセクハラだと感じた場合は、「できません」「嫌です」とはっきり断りましょう。

また、男性スタッフが講習を行う店を選ばないようにするのも、お店選びの重要なポイント。

・女性講師在籍
・女性による研修制度あり

など、女性が研修を行うことをアピールしているお店を選ぶようにしましょう。

体験談②お客様からセクハラ

体験談②お客様からセクハラ

現役セラピストが語るエピソードの中でも特に多かったのは、「性的な質問をしてきたり、NG行為を要求してきたりする」というものでした。

また、「紙パンツを脱いで見せてくる人や、胸やお尻を触ってこようとするお客さんもいます」という声も。

違法行為を指摘しても止めない、止める様子がない場合は、

「これ以上されるのであれば、中断します」
「担当者を呼びます」

などと、強い姿勢を見せることが大切です。
また、こうしたお客様に当たってしまった場合には、必ずオーナーや店長に報告しましょう。

体験談③店が違法行為を推奨

体験談③店が違法行為を推奨

「NG行為をして、客を取ってこいといわれました」
「この業界では普通だよ、と平然とした顔でいわれました」
という声もありました。

あってはならないことですが、店側が性的なサービスを推奨してくるというパターンもあるようです。

こうしたお店は要注意。
悪質な場合は、報告を記録に残すようにしましょう。

メールがあるならメールを、店長から口頭で話があった場合は音声を残すという手段を取ることで、のちのち役に立つことがあるようです。

ただし、事が大きくなるのを防ぎたいという方も多いはず。
その場合は、すみやかに退職することも検討しましょう。

体験談④お店が守ってくれない

体験談④お店が守ってくれない

「お客さんにセクハラされていることを報告しているのに、全く守ってもらえませんでした」
と語るセラピストの方もいました。

お客様に性的なサービスを要求されただけでなく、胸を触られるなどのセクハラを受けていた彼女。
「ホントに嫌だったので、店長に言ったんです。でも、『勘違いじゃない?』とか『考えすぎだよ』とか言って、全然対応してもらえなかったんです」

メンズエステには、

・セクハラが行われた場合は店長を呼ぶ
・セクハラ行為があったらマッサージを中止し、退店してもらう

などのルールが存在します。
そして、優良なお店はセラピストのことを大切にしています。

「セラピストを守る」という義務を果たせないお店は辞めて、他のお店を探しましょう。

セラピスト同士の情報共有も重要

セラピスト同士の情報共有も重要

基本的に、セクハラは相手が不快に感じた時点で「セクハラ」だということができます。

しかし、未経験で入店した場合、「自分の勘違いの可能性は?」「我慢するべきなの?」など、判断に迷うこともあるかもしれません。

そのようなときは、同じ環境で働くセラピストに相談をしてみましょう。
店の対応やセクハラを働く客について、情報共有を行うことで自分の身を守れることがたくさんあります。

いざという時のために、話をしやすいセラピストの先輩や同僚を見つけておきましょう。

セクハラを我慢しない

セクハラを我慢しない

男性との距離感が近い仕事である以上、「セクハラ」だと思いにくいこともあるかもしれません。
また、セクハラをしてくる男性は慣れていますから、

「新人だから知らないだろうけど、この店では普通だよ」
「こんなサービスが悪い子初めて」

などセラピストの心情を揺さぶるような言葉を投げかけてくることもあります。

しかしメンズエステはあくまでも「風俗ではない」というルールのうえで営業しているお店ですから、どんなことをいわれても、セクハラを許す必要はありません。

セクハラを我慢しながら働くことで、あなた自身が「セクハラを容認している店」を作り出してしまうことのないよう、勇気をもって断るようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、メンズエステの「セクハラ」についてまとめてみました。

男性スタッフが取り仕切るお店で、男性のお客様を相手にするメンズエステの業界では、残念ながらセクハラの事例がいくつか見られます。

しかし、

・セクハラ客は店に報告してNGにしてもらう
・男性スタッフがセクハラしてくる場合は店を辞める

といった対策を取ることができます。

セクハラがない優良店もたくさんあるので、ぜひ当サイトの求人情報をご活用のうえ、ストレスなく働けるお店を見つけてみてください!