仕事ノウハウお悩み

公開日2020/09/18(金)

読了時間約2分50秒

メンズエステでマッサージ技術は必要?現役セラピストの本音!

メンズエステでマッサージ技術は必要?現役セラピストの本音!

メンズエステのお仕事は、男性のお客様にオイルやパウダーを使って指圧、リンパマッサージなどを提供することです。
しかし、求人で「難しい技術は不要です!」と書いているお店が少なくありません。

あれは本当なのでしょうか?実際のところは、どんな技術が求められるのでしょうか?
というわけで今回は、「メンズエステで求められる技術」についてまとめてみました。

目次

求められるのは「癒し」

求められるのは「癒し」

メンズエステのお店では、「マッサージ技術の高さ」は最重要事項ではありません。
もちろん、お客様の体をしっかり揉みほぐす技術が不要というわけではありませんが、実際のところはお客様の心をリラックスさせる「癒し」が重要な要素となります。

なぜ癒しのスキルが必要なの?

そもそもメンズエステは、1990年代の半ばから2000年代にかけて盛んになって現在に至る業種です。

当時はバブルがはじけ、働く男性に対して心身のストレスが一気に降りかかっていた時代。そんな中、単なるマッサージではなく「女性による心身の癒しをテーマ」にしたメンズエステが増えていきました。

実際のところ、メンズエステには昔も今も、女性のセラピストに接することで仕事や家庭でのストレスを発散したいと考えているお客様がたくさん来店しています。

具体的には、お客様は「女性に優しく触れてもらいたい」「施術の合間には楽しくお喋りをしたい」「愚痴を言ってうんうんと聞いてもらいたい」といった要望を持っています。
そんな彼らの需要にこたえることが大切なのです。

ルックスがいいだけではダメ?

「可愛い女性が相手なら男性は癒されるんでしょ?」
そんなふうに考えている方もいらっしゃると思います。

確かに、男性の心理として「きれいな女性に接すると心がときめいて癒される」ということはあると思います。
だからといって、ルックスには自信がないという方も諦める必要はありません。

男性は、女性のルックスだけで癒されるわけではないからです。彼らは、

・にこやかな愛嬌のある笑顔で接してくれる
・優しい声であいづちを打ってくれる

といったことで癒しを感じます。
要するに、「笑顔」「丁寧な対応」が大切というわけです。

「癒しのスペシャリスト」を目指すには?

「癒しのスペシャリスト」を目指すには?

メンズエステのセラピストとしてスキルアップするためにはどうしたらいいのでしょうか?ここからは現役セラピストの体験談を交えてご紹介したいと思います。

研修制度が整っているお店を探した(人気セラピストの体験談)

今ではリピーターが絶えない人気セラピストのAさんは、こんなお話を聞かせてくれました。

「私は未経験だったので、しっかり研修があるお店を選びました。施術の流れをイチから学び、お客様に喜んでもらうためのコツなども教えてもらえました。実際にセラピストの経験がある女性が講師だったので、どういう接客をすれば男性に癒し効果があるのか教えてもらうことができました」

また、同じく人気セラピストBさんからは、こんなお話を伺いました。

「私は他店で働いていた経験があるのですが、今のお店に入店するときも研修はしっかり受けました。
お店の先輩のスキルを勉強できるし、リンパマッサージや鼠径部マッサージを施術する時の新しい発見もたくさんあったので、技術向上にも役立ちました」

転職者の場合、研修制度をパスする方も多いようですが、店舗研修は新しいマッサージ技術の習得にも役立つようです。マッサージの資格が無くても、充分癒しのスペシャリストは目指せます!

接客しながら学んでいった(ベテランセラピストの本音)

ベテランセラピストのCさんは、

「結局のところ、大事なのは実践です。お客様が求めていることは、人によって違うんです。だから私はサービスを通して、お客様とコミュニケーションを取りながら覚えていきました」
と語ります。

「経験が増えればマッサージのバリエーションも増えてくるし、お客様の好みに対応できるようになる。そうすれば自然と指名も増えるんです。やっぱりコミュニケーションを取るのは大事ですね」

さらに、
「あるお客様に『こうしてほしい』といわれたことが、他のお客様の施術で役に立ったりする。だから、その場限りの施術と考えずに、しっかり身につけるつもりで対応しています」
と語るのはDさん。

新しい手技を身に付けることで、リピーターの方のマンネリ防止にも役立つのだとか。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、メンズエステで求められる技術についてまとめてみました。
押さえておきたいポイントは、以下の2点です。

・マッサージの技術だけでなく「癒しの技術が大切」
・癒しの技術は講習や接客の中で学べる


最初は誰しもが素人です。しかし、ひとりひとり丁寧に対応することで、いつかリピーターの絶えないセラピストになることも夢ではありません。

実際に、今回お話を伺ったセラピストの皆さんは口をそろえてこのように言っていました。

「未経験でも、熱意があれば大丈夫!心を込めて接客すれば、お客様に通じます」

ぜひ参考にしていただければと思います。