仕事ノウハウ働き方

公開日2022/01/12(水)

読了時間約5分10秒

【徹底解説】メンズエステが摘発されたらセラピストはどうなるの?

【徹底解説】メンズエステが摘発されたらセラピストはどうなるの?

今回のテーマは、「メンズエステ店の摘発」です。摘発とは「悪事を暴くこと」という意味ですが、具体的には警察が入って関係者が逮捕されたり、事情聴取を受けたりするという事態を指します。

なぜメンズエステ店が摘発されることがあるのでしょうか。またその場合、メンエスで働いているセラピストはどうなるのでしょうか。気になるポイントをまとめてみました。

目次

メンズエステはなぜ摘発されるの?

メンズエステはなぜ摘発されるの?

メンズエステが警察による摘発の対象になる理由は、「性的サービスを行う違法風俗店」が多いからです。
本来、メンズエステ店は風俗店ではなく、性的なサービスを提供することはありませんが、数あるメンズエステ店の中には、隠れて性的なサービスを提供する「違法風俗店」が見られます。

リラクゼーションマッサージを提供するメンズエステ店は、風俗店のように届出を行う必要がないので(風俗店を開業する場合は各都道府県の公安委員会に所定の届出を行う必要があります)、それを良いことにこっそり違法風俗店として営業しているお店があるわけです。

このような違法風俗店は、もちろん摘発の対象となります!
実際のところ、2020~2021年にかけて東京オリンピックの準備が進められる中、海外に「クリーンな国」をアピールするために、違法風俗店の対策が強化されたという情報があります。

というわけで、メンエス求人を探す際には、健全なリラクゼーションマッサージを提供するメンズエステ店であることをしっかり確認する必要があります!

公式ホームページなどで、オプションの書き方、セラピストの紹介文、お店のコンセプトの説明文などをチェックすると、「ここもしかして風俗っぽいお店かも?」というところは案外見つかります。

やたらとセラピストがセクシーであることを強調していたり、「裏オプション」をにおわせるような記述がある場合は要注意です!

また、悪質なお店の場合、「ここは風俗店ではない」と明記されていないことがほとんどなので、そういったお店も注意するようにしましょう。

逆にいえば、きちんとしているメンズエステ店の公式ホームページには、「セラピストへの暴言・嫌がらせ・性的サービスの強要は一切禁止」などとしっかり明記されています。メンエス求人を探す際は、ぜひ注意して見ていただきたいところです。

摘発されたメンズエステ店で働いていたセラピストはどうなるの?

摘発されたメンズエステ店で働いていたセラピストはどうなるの?

違法風俗店として営業するメンズエステ店は、警察による摘発を受ける可能性があります。
そこで気になるのは、「働いているセラピストはどうなるの?」ということではないでしょうか。

逮捕されたり、何らかの罪に問われたりすることがあるのでしょうか?

結論からいえば、違法風俗店と知らずに働いていた場合、お店が摘発されたとしてもセラピストが逮捕されたり、何らかの罪に問われたりすることはほとんどありません。
基本的にはお店の経営者が逮捕されることになるので、その点は安心していいと思います!

ただし、場合によってはセラピストが罪に問われるケースもあります。

お店が違法風俗店として営業しておらず、「性的サービスは行わないように」と指導しているにもかかわらず、セラピスト本人がお店に内緒でそのような行為をサービスとして提供していた場合、逮捕される可能性があります。

具体的には、

・全裸や性的興奮を催す格好で接客している
・射精を伴う行為をしている


といったことが理由で罪に問われることが考えられます。

「こっそり性的サービスを提供して個人的にお金を取る」みたいなことをしていると、ゆくゆくは警察に嗅ぎつけられて罪に問われる可能性があるので、絶対にやめましょう!

どうやってメンズエステは摘発されているの?

どうやってメンズエステは摘発されているの?

違法風俗店や、お店に内緒で違法な行為を行っているセラピストは摘発される可能性があるわけですが、そもそも警察はどうやってそれらの違法行為を嗅ぎつけ、摘発にやってくるのでしょうか。

セラピストの違法行為が摘発されるというケースを例に考えてみましょう。
基本的には、お客様と密室における1対1の関係のうえで行われることなので、警察にバレることはないと思うかも知れません。

しかしながら、警察はそのような行為が行われていないかということについて常に目を光らせており、さまざまなところで網を張っています。

掲示板で発覚するケースがある

たとえば、警察はネット上の掲示板をチェックしています。
セラピストとしては「お客様との2人だけの秘密」というつもりでも、お客様のほうでは「誰かに自慢したい」という心理が働き、ネット上の匿名掲示板で「○○というメンエス店の□□ちゃんはエッチさせてくれる」などの書き込みをすることがあります。

そのような書き込みを警察が発見すると、ひそかに捜査を開始。具体的には、いわゆる「潜入捜査」を行うケースが多いようです。

警察官がメンズエステ店を利用する男性客を装って来店し、掲示板に書かれている情報は本当であるかどうかを確認し、その情報の確証が取れたら摘発に踏み切ります。

警察による潜入捜査の内容とは?

男性客として来店し、違法行為をしているセラピストを指名した警察の潜入捜査官は、情報の真偽を確かめるために「ヌイてくれない?」「この店って裏オプションないの?」などと聞いてきます。

もちろん警察の制服を着ているわけではなく、自然な雰囲気で接してくるので、見分けるのは不可能であるといえます。
セラピストが油断していつも通りに違法行為を行おうとしたら、アウト!この時点で逮捕はされませんが、警察で事情聴取を受けることは免れません。

逮捕が決まるまでの流れ

潜入捜査でカマをかけ、セラピストが引っかかった時点では、まだ逮捕されることはありません。
なぜなら、セラピストが個人的にやっていることなのか、お店が違法風俗店として営業しているのか、その時点ではハッキリとは分からないからです。

すでに紹介したように、セラピストがお店に内緒で個人的にやっている場合、セラピストが罪に問われる可能性がありますが、お店が違法風俗店として営業している場合は、セラピストが逮捕されることはなく、お店の責任者が罪に問われることになります。

そこで、警察はセラピストをひとまず確保したあと、お店の事務所に乗り込んで詳しい捜査を行います。
捜査の結果、セラピストがこっそりやっていることなのか、そもそもお店が違法風俗店なのかハッキリすれば、その後の処遇が決まります。

メンズエステの摘発を回避する方法は?

メンズエステの摘発を回避する方法は?

・警察による摘発
・事情聴取
・逮捕


といったことは絶対に避けたいですよね?ではどうすればいいのでしょうか。
考えられるポイントとしては、以下の3点が挙げられます。

違法風俗店では働かないこと!

まずは何といっても、メンズエステのふりをした違法風俗店で働かないことが大切です!
上にもチラッと紹介しましたが、求人を探す際にはお店のホームページに掲載されている情報を細かくチェックして、違法な性的サービスを提供しているお店でないかどうかきちんと確かめましょう。

・セラピストの写真がやたらエッチな感じ
・オプションの欄に「マル秘オプション」のような怪しい文言がある


など、違法風俗店の兆候が見られたら要注意です。

また、面接や体験入店時にしっかり確認することも大切です。面接官やオーナーに性的サービスに関しての質問をしたり、お店やマッサージ講師、セラピストなどの雰囲気を事前に確かめるなど、正式に入店する前にしっかり確認しておくようにしましょう!

絶対に違法行為をしないこと!

すでに紹介したように、セラピストが個人的に違法な行為をしていると、警察による摘発を受けたときに逮捕される可能性があります。

潜入捜査官はいつ来るか分からないので、何があっても違法行為はしてはいけません。
たとえ「お金あげるよ」などとお客様から誘われたとしても、絶対に誘いに乗らないようにしましょう!

お店に防犯対策を徹底してもらうこと!

あなた自身にやましいことがなかったとしても、ほかのセラピストが違法行為をしていれば警察による摘発につながる可能性があります。

摘発された場合、あなたに非がなければ逮捕されることはありませんが、事情聴取を受けなければならず、そのデータが「前歴」として警察に残ってしまいます。

副業バイトとしてセラピストをやっている方、家族に内緒でセラピストをやっている方などは、本業の職場や家族に迷惑をかけてしまうことが考えられるので、絶対に避けたいところですよね。

というわけで、

・施術ルームに防犯カメラを設置してもらう
・ボイスレコーダーを用意してもらう


など、違法行為をしていない証拠を残すための対策をお店に徹底してもらうことをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、「メンズエステの摘発」についてまとめてみました。

メンズエステ店が摘発される理由としては、

・お店が違法風俗店である
・セラピストが個人的に違法行為をしている


というのが最も多いとされています。
記事中で紹介しているように、「違法風俗店では働かない」「違法行為は絶対にしない」ということを心がけ、摘発のリスクを回避していただきたいと思います!

>>【合わせて読みたい】メンズエステで性的サービスを求められたらどうする?裏オプション対策もご紹介!