仕事ノウハウ働き方

公開日2021/03/29(月)

読了時間約4分40秒

メンズエステのセラピストが押さえておきたい「待機中」の過ごし方とは?

メンズエステのセラピストが押さえておきたい「待機中」の過ごし方とは?

今回のテーマは「待機」です。セラピスト志望の方向けに、「待機時間」の実態についてお伝えしたいと思います。この記事では、先輩セラピストの経験談も交えてご紹介いたします。

これから応募を考えている方だけでなく、「まだ始めたばかり」というセラピストの方もぜひ参考にしてみてください。

目次

メンズエステの待機方法

メンズエステの待機方法

「集団待機」と「個人待機」

メンズエステで仕事をする限り、待機時間はほとんど必ず発生するといっても過言ではありません。

待機時間が一切ないセラピストも存在しますが、「事前に指名客の予約で埋めておく」という場合でない限り、待機時間が一切ないという働き方は難しいでしょう。

そんなメンズエステの待機には、2種類の方法があります。「集団待機」「個人待機」です。

文面から、どういうものかある程度想像がつくと思いますが、集団待機の場合、大部屋で他のセラピストたちと一緒に過ごします。

お店の規模によって異なりますが、大きなお店になると10人以上で待機をすることもあるようです。

一方、個人待機はひとりで待機します。完全な個室が用意されている場合もあれば、パーティションで区切った空間が用意されているという場合も多いようです。

集団待機のメリット・デメリット

集団待機の最大のメリットは、「ほかのセラピストと話ができる」ことではないでしょうか。

特に未経験の方の場合、お店に慣れるまでは緊張してしまいがちです。
接客についてわからないこと、不安なこともたくさんあると思います。

こうした状況の中、「先輩セラピスト」の話を聞けることで不安が解消されることもあるでしょう。

また、気が合う女性と友だちになれたという方も少なくありません。

「プライベートの友人には話しにくい相談ができるから、心強い」
「接客のコツなど、情報交換ができる」


など、待機時間を楽しく、有効に利用している方も多いようです。

一方、デメリットはというと、「プライバシーがない」「女性同士のイザコザがある」などがあります。
集団待機の場合、「人の目が気になる」という声は少なくありません。

また、メンズエステ業界では、女性同士の人間関係が悪化したために退店して新しい店に行くという方も少なくないようです。

こうした女性同士のいざこざが嫌だ!という方は、集団待機ではなく個室待機のお店を探すのもひとつの手かもしれません。

個室待機のメリット・デメリット

個室待機にも、メリット・デメリットがあります。
メリットとして寄せられる声としては「人の目が気にならない」「自由に過ごせる」などが最も多く、スマートフォンでゲームをしたり、音楽を聴いたり、お店のSNS用の写真を撮影したりして過ごす人が多いようです。

ただし、お店によっては「音を出す行為は禁止」というルールがある場合もあるので、イヤホンを使用するなどの配慮をするようにしましょう。

次にデメリットですが、「孤独になる」という意見が多く見受けられました。

特に未経験の女性の場合、「誰とも話せなくて余計不安になってしまった」「接客のアドバイスなどが受けられない」と思う方も多いようです。

個室待機には「面倒な人間関係を築かなくて良い」という面もありますが、普段から「ひとりでの行動が苦手」「ひとりでいると不安になってしまう」という方は、あえて集団待機のお店に体験入店してみるのもひとつの手だと思います。

待機中のお給料は?実は「保証付き」の店もある!

待機中のお給料は?実は「保証付き」の店もある!

メンズエステ店の給与システムは、多くの場合「出来高制」で、接客の時間に応じて1日の給与が決まります。待機中はお給料が出ないお店のほうが多いようです。

そのため、「お客様がつかなくて接客できず、その日の収入がゼロ」ということも起こり得るのです。

しかし、ご安心を!何と、「待機保証(保証制度)」があるお店もあるのです。

待機保証とはその名の通り、待機の時間も時給として換算してくれる仕組みのこと。お店によって時給は異なりますが、多くのお店の場合、時給1,000円以上は保証されるようです。

また、「お客さんの指名の入り具合によって、出来高制か時給制か選べる」という給与形態をとっているメンズエステ店も増えてきているようです。

たとえば時給保証1,000円、歩合給は1回の接客で4,500円というお店があったとしましょう。
勤務時間が5時間の場合、時給1,000円で計算すると収入は5,000円。1日の接客数が2回以上なら、歩合給でもらったほうが高収入となるわけです。

しかし、実際には1日の接客数が1回だった場合はどうでしょうか。
収入は4,500円のみであり、その日は時給で働いたほうが多く給料をもらえることになります。

この場合、「出来高制か時給制か選べるお店」であれば、「今日は時給でください」といえば日給5,000円を得ることができます。

このように、お客さんの入り具合に合わせてお給料の計算方法を選ばせてくれるお店もあるので、「固定の指名客が増えるまで心配」という方は保証付きの店舗を探してみるとよいでしょう。

待機時間の過ごし方

待機時間の過ごし方

さて、セラピストの方たちはどんなふうに待機時間を過ごしているのでしょうか。
集団待機、個人待機ともに多いのは「スマホで暇つぶし」です。

集団待機ではおしゃべりしている方も多いようですが、やはり「仲がいい子がいるときだけ」「わからないことを先輩に質問しているときだけ」という方が多く、基本的にはスマホでゲームをしたり、マンガを読んだりしていることが多いようです。

そのほか、中には「寝ている」という方もいるようです。
ダブルワークでセラピストの仕事をしている方などは、待機時間を睡眠にあてています。

次いで、「勉強をしている」「SNSの更新」「いかに自撮り写真が盛れるかを研究」などの過ごし方が多いようです。

待機時間の有効活用はコレ!

待機時間中の過ごし方は自由。
しかし、せっかくなら無駄に過ごすのではなく、有意義に過ごしたいと思う方も多いでしょう。

そこでおすすめなのは、SNSの更新です。お店用のアカウントを作り、お客様にアピールする投稿などをしてみると、固定客をゲットする機会にもつながります。

このようにして、待機時間を上手に利用するとよいでしょう。

>>【合わせて読みたい】SNS運用のコツ!

先輩セラピストに聞いてみた!

先輩セラピストに聞いてみた!

Fさん「待機時間も『仕事中』。SNSの更新をして過ごします」

私は待機時間もいわば「仕事中」だと思っているので、お店のSNSを更新しています。

お店からも「頻繁に更新してくれてありがとう」といわれますし、何といっても固定客の方が増えたと実感しますね。やっぱり、「セラピストさんが待機中何をしているか気になる」っていう方や、「接客中じゃないときの顔が見られてうれしい」といってくださる方は多いですからね。

可愛く盛れる写真を撮れるように、日々研究しています(笑)

Rさん「待機時間中に勉強したり日記をあげたり。結果お客さんが増えました」

個室待機のお店なので、先輩セラピストの話を聞いたり、相談に乗ってもらったりすることはなかったんです。

なので、待機時間を使って、ネットを見て「お客さんに喜んでもらうための接客のコツ」などを勉強しましたね。

実はエステラブワークマガジンの記事も色々見させてもらってたんです!w

結果、指名してくれるお客さんの数が増えました。
きちんと勉強したことが結果に現れてよかったです。

Wさん「エステティシャンの資格の勉強中です」

私は、エステティシャンの資格の勉強をしています。
実は、いつか自分のお店を持つのが夢なんです。そのためにはエステティシャンの資格が必要なので、待機時間はもっぱら勉強をしていますね。

もちろん、メンズエステのお仕事にも活きていると思います!

まとめ

いかがでしょうか。
メンズエステにも閑散期などお客様の入りがよくない時期があり、待機時間が長くなるときもありますが、そんなときこそ「今後の自分」のために待機時間を上手に使ってみましょう。

あなたの頑張り次第で、「待機時間ほぼゼロ」のセラピストになることも夢ではありません。
ぜひ、今回の記事を参考にしていただければと思います!