仕事ノウハウスキル・マナー

公開日2021/03/19(金)

読了時間約4分40秒

メンズエステのセラピストが知っておきたいSNSの運用について

メンズエステのセラピストが知っておきたいSNSの運用について

エステララブワークマガジンでは、セラピスト志望の方だけでなく現役セラピストの方が勤務開始後に「ちょっとためになる」そんな情報をお届けしています。今回のテーマは「メンズエステのSNS運用について」です。

どんなSNSを使うべきか、何を投稿すべきかなど気になるポイントをまとめました。

目次

人気セラピストはみんなやっているSNS!

人気セラピストはみんなやっているSNS!

そもそも、メンズエステ店を利用するお客様は、数あるお店の中からどのようにして利用するお店を選んでいるのでしょうか。

ご存知ではない方のために少しお話すると、多くの方はメンズエステ専門の情報サイトを利用し、各店のオフィシャルサイトをチェックします。

このときに、

・お店のコンセプト
・コースの内容、オプションの有無
・セラピストが着用しているコスチューム


などを確認し、「より自分の好みに近いお店」を選りすぐっているのです。

しかし、メンズエステ店のオフィシャルサイトは、セラピストの顔がわからない(加工している)写真が掲載されがち。また、お店が紹介文などを書いているのでセラピストの「素顔」を知ることができません。

一方、SNSではセラピスト自身が自撮り写真を投稿していたり、イベントの告知をしたりしています。
また、ちょっとした日記のような投稿をすることで、より生身の女性としての存在をアピールしています。

つまり、店舗が更新するオフィシャルサイトより、「セラピストの素顔」に近づけるのです。

最近ではオフィシャルサイトにセラピスト個人のSNSアカウントを連携させているお店が多く、SNSで情報を発信することはもはや「当たり前」です。

お客様は「思っていた女の子と違う」という状況は避けたいと思っているので、気になったセラピストのSNSはほぼ確実に見ています。

というわけで、「人気セラピストになりたい!」と思っているのであれば、SNSの更新を甘く見てはいけません。

実際に、お客様からの人気が高く、たくさんの指名を獲得しているセラピストの多くはSNSを活用しています。SNSを、「自分を売り込むための手段」として有効活用しているのです。

メンズエステセラピストに人気の「2大SNS」とは?

メンズエステセラピストに人気の「2大SNS」とは?

Twitter

2006年に誕生したTwitter。現在は140文字の文章、画像、動画を投稿することができます。

・気に入ったユーザーを自由に「フォロー」できること
・「ハッシュタグ」を利用して自分必要な情報だけを閲覧できること
・リアルタイムな投稿ができること


などが特徴で、絶大な人気を誇るSNSのひとつとなっています。

ちなみに、「140文字」という文字制限も人気の秘訣です。
個人ブログのように長い文章を打つ必要もなく、手軽に「つぶやき」を投稿できるため、積極的に利用しているメンズエステのセラピストは少なくありません。

Instagram

2010年に開設されたInstagram。
文章の投稿、「タグ付けをする」などの利用方法はTwitterと同じですが、Instagramは写真、動画の投稿が中心のSNSです。

世界中からオシャレな写真・動画が投稿されており、「インスタグラマー」として多数のフォロワーを抱える有名なユーザーも多数います。

メンズエステではTwitterが有利?

世界中で人気が高いInstagramですが、利用者は3000万人ほどです。
日本国内では、40代以下女性の利用者が多いといわれています。

一方、Twitterの利用者は約4500万人で、老若男女問わず利用されているSNSです。

また、Twitterは年代が高めになればなるほど、女性より男性の利用者が多いともいわれています。

メンズエステの利用者は成人男性であり、中年以上の方も多いので、どちらかといえばInstagramよりもTwitterのほうがより「有利なSNS」といえるかもしれません。

どんな投稿をしたらいいの?

どんな投稿をしたらいいの?

とはいえ、これからセラピストの求人に応募する方や、新米セラピストの方はどんなことを投稿すればいいのかわからないと思います。

ここでは、先輩セラピストが日々どんなことを投稿しているのか、その内容をご紹介したいと思います。

写真をアップする

最も多いのが、「写真」の投稿です。
とはいえ、「全世界に顔を公開するのはイヤ」と思われる方も多いと思います。

そんな方は無理をせず、加工アプリを使ってフィルターを利用したり、顔の一部を加工したりして投稿してみてはいかがでしょうか。

男性側としては、おおまかな雰囲気がわかるだけでもうれしいものです。「雰囲気がリアルに伝わるような写真」を意識して撮影するようにしてみましょう。

また、コスチュームの写真やお店の様子、イベントの風景などを投稿するのもおすすめです。
SNSはお店のホームページの情報と違い、あなた自身の感想や、呼び込みのメッセージなどをダイレクトに投稿できます。

「今日行ってみようかな」と思ってもらえる写真を、積極的に投稿してみましょう!

出勤時間

次に多いのが、出勤時間の告知です。
リアルタイムで投稿ができるTwitterならではの特色を、存分に活用してみましょう。

最新の出勤情報の更新はもちろん、指名客が入るまでの待機の時間などを利用して「今、待機中です」などと投稿することで、お店の近くにいる新規のお客様の呼び込みにもつながります。

趣味・日常について

慣れてきたら趣味の話や、日常のツイートも織り交ぜてみましょう。

「セラピストのプライベートや、休憩中の様子を知りたい」というお客様もいるので、何てことない日常のつぶやきにも需要があります。

「あまりプライベートのことまで投稿したくない」という方もいると思いますが、自分の好きなマンガやドラマのこと、好きな食べ物など、ちょっとした事柄でもOKだと思います。

お礼

やはり、お礼を欠かさない女性は印象がいいもの。セラピストも同じです。
というわけで、その日に接客したお客様に対するお礼を投稿をしてみるといいでしょう。

当然お客様の個人情報を特定するような内容になってはいけませんが、本人が「自分のことかな?」とわかるようなお礼をツイートするのもひとつの手です。

「またこの子を指名しよう!」と思ってもらえたら、リピーターの獲得にもつながります。

また、「ありがとうございました」の投稿が多ければ多いほど、投稿を見ている人から「この子は人気があるセラピストなんだ」と思ってもらえることもあります。

現役セラピストに聞いてみた!

現役セラピストに聞いてみた!

Tさん「SNSの更新によってお客さんが増えました」

今までは、「SNSは面倒くさい!」と思っていました。

でも、待機の時間をもっと有効に使いたいな~と思うようになり、お店で作ってもらったアカウントをマメに更新するようにしたんです。普段何をしているとか、今日は何を食べたとか……そんな普通のことでも結構「いいね」が付いたりするんですよ。

結果、私を指名してくれるお客さんが増えました。「Twitter見たよ~」とか「今日〇○食べたんだって?」とか、コミュニケーションをとるきっかけにもなりましたね。

Aさん「写真をつけたりすると、お客さんの反応もよくなりました」

やっぱり写真は大事ですよ。
私、待機の時間はいかに盛れる写真を撮れるか、の研究に没頭しているんです(笑)

可愛い写真が取れたら、そういう写真は宣伝として投稿しないともったいないので、使える写真はどんどん使っています。

あと、お店のホームページには載っていないコスチュームの情報なども結構載せていますが、「ほかにもいろんな衣装があるので、お店に来てみてね!」など、あえて全部を写真で伝えず、お客さんが気になるようなツイートになるよう心がけています。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、「セラピストのSNS運用」をテーマにお送りしました。

SNSを上手に活用することで、新規のお客様だけでなく、固定客の増加も期待することができます。
空いた時間を有効に使い、「アピール上手」なセラピストになれるよう頑張ってみてはいかがでしょうか。