仕事ノウハウスキル・マナー

公開日2020/11/06(金)

読了時間約3分50秒

セラピストの「接客テクニック」まとめ!メンズエステで使えるワザを紹介

セラピストの「接客テクニック」まとめ!メンズエステで使えるワザを紹介

今回のテーマは、「メンズエステで働く人が身につけるべきテクニック」です。
お客様をお迎えしてからお見送りするまでの一連の流れで使えるワザを、紹介したいと思います。

「もっとリピーターを増やしたい」という方はもちろん、「メンズエステで働くのは初めて」という方にもわかりやすいようにまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください!

目次

「接客テクニック」を磨こう

「接客テクニック」を磨こう

たとえばレストランで、美味しい食事だけでなく丁寧な接客を受けることができたら……。
食事の美味しさがより引き立ち、「また来よう」と思うでしょう。

逆に、店員の態度が良くなかったり、乱雑な接客を受けたりすると、食事がどんなに美味しくてもそのお店に行くメリットは感じなくなり、は二度と行きたくなくなってしまうでしょう。

メンズエステもまったく同じです。
お客様の満足度を高めてリピーターを増やすためには、マッサージの技術だけでなく、お出迎えのときからお見送りのときまで、しっかり接客・サービスを行う必要があります。

では、具体的にはどんな接客テクニックを身につけておけばいいのでしょうか?

以下、「お出迎え」「トークタイム」「シャワータイム」などのポイントごとに、対策や方法をまとめてみました。
なお今回は、ワンルームマンションの一室で接客を行う「ルーム型」のメンズエステを例にまとめています。

お出迎え時のテクニック

お出迎え時のテクニック

1階エントランスのインターホンが鳴って、お客様の来店を知ったら、まずは明るく笑顔でインターホンに向かって「どうぞ!」とご挨拶しましょう。

実際に笑顔を作ったほうが明るい声を出しやすいので、しっかり口角を上げて伝えるのがおすすめです。

また、お客様が部屋の前に到着したときは、こちらからドアを開けて迎えるのがコツ。
「あなたを待っていたんですよ!」という感じ雰囲気が出て、お客様に喜ばれることでしょう。と思います。

お部屋に迎えたら、カバンなどの荷物を率先して受け取り、冬ならコートを脱ぐのを手伝い、「気づかいができる女性」を演じましょう。

トークタイムのテクニック

トークタイムのテクニック

メンズエステでは、まずはしばらく雑談をして、緊張をほぐしてからシャワーへ……という流れが一般的です。

このトークタイムは、「○○様、初めまして。本日担当します△△です」という挨拶から始めましょう。
お客様の予約名は、お店のスタッフが教えてくれると思います。

わざわざ名前を呼ぶのは、お客様に「特別感」を感じてもらうため。
「仕事じゃなくてきちんと俺に向き合ってくれているんだ!」ということで、お客様の満足度が高まります。

シャワータイムのテクニック

シャワータイムのテクニック

「気づかいができるセラピスト」は男性客の心をつかむことができますが、シャワータイムでも「気づかい」は発揮することができます。

たとえば、特に冬場はなかなかシャワーのお湯が出ないこともありますから、お客様が到着する前にお湯を出しておいてスムーズにお通しできるように準備しておきましょう。

また、この場面でちょっぴり距離を近づけてみると、より男性の心をしっかりつかむことができます。
シャツのボタンを外してあげる、脱いだ服を受け取ってたたんで上げる……などです(もちろん下着までたたむ必要はありませんが)。

こういった些細な気づかいが、男性客をリピートしたいという気持ちにさせるのです。

マッサージ中のテクニック

マッサージ中のテクニック

マッサージ中は、優しく丁寧に揉みほぐすという手技のテクニックだけでなく、以下のようなことを心がけてみましょう。

お客様の目を見る

簡単なのは、「見つめる」というテクニック。
しっかりお客様に目を向けることで、「俺のことをちゃんと見てくれる子」という評価を得ることができます。

ハンドマッサージであれば、お客様を見つめながらマッサージをする、お客様より目線が下になる体勢のマッサージであれば、可愛く上目遣いをするようにしましょう。

トークの量はほどほどに

お客様の中には、「話を聞いてほしい」と思っている人もいれば、「話すのは苦手だからセラピストのほうで盛り上げてほしい」と思っている人、反対に「極力静かにしてほしい」という人もいます。

この見極めは初回ではなかなか難しいものですから、初回はあえて聞き役になり、お客様の様子を見るようにしましょう。

お見送り時のテクニック

お見送り時のテクニック

施術が完了してお客様を送り出すときは、笑顔で明るくお見送りすることが大切です。

「この時間が自分も楽しかった」
「また来て欲しいな」

という内容を伝えれば、次につなげることができるでしょう。

このお見送りの時が一番大事と言っても過言ではありません。
最後の最後で雑な対応をされたら、お客様も「次は別の人を指名しようかな…」となるかもしれません。

そうならない為にも、お客様には最後まで癒やされてほしいという気持ちを持って、丁寧に接客するようにしましょう。

リピーターを増やすテクニック

リピーターを増やすテクニック

しっかり稼ぐにはリピーターを増やすことが肝要です。
ここでは、特にリピーターを増やすために役立つテクニックをいくつか紹介します。

望むことをやってあげる

お客様によっては、部分的にマッサージをしてほしいという方もいます。
「肩を重点的に」など、要望があったときにはできる限り応えてあげるようにしましょう。

「希望を叶えてくれるセラピスト」として、お客様に良い印象を残すことができます。気に入ってもらえるのではないかと思います。

お客様の管理

お客様の特徴(呼び方、喜ばれた施術、盛り上がった会話など)をメモしておくのがオススメです。
次に来店したとき、「ちゃんと覚えていてくれたんだ」と喜んでもらうことができ、長く指名してくれる「リピーター客」になってもらえることでしょう。

最近はスマートフォンのメモアプリなども便利になっているので、そのようなツールを使ってみてはいかがでしょうか。

予約を促すトーク

お見送りのとき、「ぜったい来て下さいね」とおねだりしてみましょう。
また、会話が盛り上がって仲が良くなってきたお客様であれば、その場で次の予約を決めてしまうのも有効なテクニックです。

ただし、お客様にも都合がありますから、あまりしつこく予約を促すのは失礼にあたります。
無理やりな感じを出さず、まるで「次のデートの約束」をするようにお誘いするのがポイントです。

>>現役の人気セラピストが実践していたこともご紹介!

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、初心者の方も身につけやすい接客テクニックについてまとめてみました。

もちろん、はじめからすべてを実現しようとする必要はありません。
できることからコツコツと実行することが大切です。

継続することで、「リピーターの絶えない人気セラピスト」になることも夢ではありません。
ぜひ参考にしてみてください!